PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

立ちあがったウェル♪












五百八十九巻





昨日は、ブログをお休みして

午前中は、クッキーを焼き♪

そのあとは、せっせとベランダいじり♡

日曜日を満喫しとりましたよ♪


またまた

ずいぶんと変化したから

またお話聞いてね♪














さてさて

今日は、土曜日のお話。









何年ぶり?!だろう・・・。



らんころとふたりっきりでお出かけをしました。


そうです。



ふたりっきりで・・・・♡






べいたろは、ひこに預かってもらって・・・。





久しぶりのお出かけの先は~



TAMAはうす♪




本当すっごく久しぶりにお邪魔したはずなのに


TAMAはうすは、あったかーい♡


なんかね、空気が変わらない感じがするの。




そうそう。

今回TAMAはうすに

来たかった目的は、3つ!




1つ目は、虹の橋を渡ってしまったナッシュのお参り




本当は、もっともっと早く来たかったのだけれど・・・。

なかなか会いに来れなくって・・・。

ナッシュ遅くなってしまってごめんね。。。





リビングの中央のいつもみんなが集まる場所に

ナッシュの写真が飾ってありました。



生前のナッシュは、

誰よりも優しく誰よりも家族思い

喧嘩が始まれば仲裁に入り、

保護犬やネコちゃんたちにも寛大で優しい子だった。



らんころも、ナッシュが大好きで

会えばいつもワンプロをして遊んでもらってた。


そんなナッシュが虹の橋を渡ってしまったのだけれど

リビングには、今も

居なくなったはずのナッシュの存在を感じました。


今は、このリビングの中央で

みんなのこと見守ってくれてるんだな。。。。

ナッシュありがとうね。








リビングでは、ボーダーがわらわら



11403028_577856022357577_7978183975659472055_n.jpg



みんないい笑顔だ!!

こんなお顔みると

ん~♪

幸せ感じるぅぅ~♡







2つ目は、ベリーのお見舞い

足のオペをしてギプスが外れたばかりのベリー。

とっても良く頑張ったね。




何年かぶりにあった

ベリーとらんころ



11666259_577856045690908_6413075923450915630_n.jpg

べりーねーちゃんあそぼ~♪

あら。らんころ。あんたちょっとふくよかになったわね!



会った瞬間から尻尾がぴんと上がりふりふり。

そして笑顔で遊び出す仲良しぶり♡


ベリーまたらんころと遊んでね♪










3つ目は、ウェルに会いたくて。



ウェルは、センターに収容されていました。

衰弱して虫の息だったところを

TAMAさんに救われTAMAさんの愛情で

少しずつ少しずつ元気になってきました。


と、言ってもかなりの高齢。



寝てる顔なんか・・・・。

白目向いていて・・・。


11214312_577855859024260_6760740457634930971_n.jpg


白目のおじーさまと記念撮影Vサイン♪




でもね。

この白目がたまんなくて

胸がきゅんきゅん

しちゃうくらいかわいいのですよ。






あ。


起きた。


しかもスローな感じで。。。



11695770_577855925690920_4693292129704619309_n.jpg


ウェルを見てるとべいちゃんを思い出す。

あー。

べいちゃんもこんな感じだったなって。






あたしね。

シニアになったわんこが大好き。





もちろんぱぴーも好きですよ♪

子犬は、コロコロしててすっごくかわいいし

これから、どんな未来が待ってるんだろうって

わくわくする。


でもね、

それ以上にシニア犬には、

ドキュンとするような魅力があるのですよ。



白髪まじりになったお顔、

丸~くなった背中

何よりも優しい目をしていて・・・。

まっすぐ見つめてくれるのです。

この優しい目は、

きっといろんなことを見てきた目。

楽しいことやうれしいこと・・・。

いろいろ経験してきた優しい目。


11659311_577855912357588_3140749929755684949_n.jpg



ウェルの足回りをちょきちょき。

爪も整えました。




20322_577855952357584_1761220586211947564_n.jpg






お尻と太ももも整えて♪




床ずれができるくらい寝たきりだったウェル


よろよろしながら立ち歩けるようになりました。


その姿は、光り輝いて見えて。。。




11402937_577856002357579_4501657824759603877_n.jpg

ここまで元気になったのは、TAMAさんのおかげ。

よろよろしながら、おトイレにいくウェルおじーさま

行く最中にポタポタおしっこ出しながら・・・笑。



でもね。

TAMAさんがこう言うんですよ。


「おしっこ出たねー。よしよし。いい子。こぼしてもいい。よかよか。出て良かったね~。すっきりしたね。」



ウェルの通ったところを

追いかけ拭きながら笑顔でそう言うんですよ。


まるでうれしそうに


楽しんで介護してるなって思った。







あたしもそうだった。



べいちゃんと過ごした日々。



最後の最後まで楽しかった。。。








でも、ウェルは、とても幸運だったと思うの。



だってTAMAさんに出会えたから。。。










あたしたちは、ボランティアで保護活動をしている。



大きな団体とかじゃなくて一個人。



だから、収容するシェルター施設もなくて



一般家庭。




だから、キャパも決まってる。




助けたくても助けられない時だってある。



そのたびに悔しい思いもたくさんしてきた。





犬はね、

人と違って

年をとった姿を誰にも見られたくないなとか

看取られたくないなとか

そんな気持ちないんですよ。

そう思うのは、都合のいい人間のいいわけ。


犬は最後の時まで
大好きな人のもとで過ごしていたい。


最後の時まで全力で人のことを愛し、
全力で生きているのです。。。




だから、

「年をとって死ぬ姿をかわいそうで見たくないから」

という理由でセンターに連れていくのではなく

最期の時まで一緒に過ごしてほしいのです。




いたずらをして困らせたあの頃も、

元気に草むらを走ってたあの頃も

そして、年を重ね、寝たきりになった今も・・・。

全部愛してあげてほしい。


そしてね。

犬は最期の時を迎える時

「この人と出会えて幸せだったな。」って

心の底から思うのですよ。




今は、ペット社会。

どの家庭にもわんこやねこちゃんがいる。

少しでも多くの人が同じ気持ちになってくれると幸いです。




いつかの日か

レスキューなんてしなくてもいい

世の中になりますように・・・。








ちょいとおまいさん
ぽちっと押して下さんし


↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
みなさんのおかげで只今20位

こちらも参加してみました

合わせて
ぽちぽちしてもらえるとうれしいです


↓↓↓


ボーダー・コリーランキングへ
みなさんのおかげで只今3位

いつも応援ありがとう
関連記事
スポンサーサイト

| レスキュー犬の巻 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://ran13babe31.blog9.fc2.com/tb.php/524-9dd1d5d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。