PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せ「くるる」♪



三百三十一巻






それは、TAMAさんからのメールから始まった・・・。
内容は、収容犬情報。

メールと一緒に送られてきた一頭の犬の写メ。

moblog_a5e23db5.jpg


体勢が低く、上目遣い。

かなりビビったかんじ。

咬むかな・・・・。


でも、すぐに会いたいと思った。
どんなことがこの子にあったんだろう・・・。

とにかく会ってみる!!


次の日センターに会いに行ってきた。


センターの円になったらんの中にその子は、いました。

ボーダーチックのかわいい小柄な女の子だった。

近寄ると、写真と同じように体勢を低くし、しっぽを巻き込み逃げ回る。


とりあえず、この子のことを詳しく聞くため、一旦センターの中に・・・。


話を聞くと・・・。

かなり可愛がられて育ってきたことがわかった。
家庭のやむを得ない事情で、飼い主さんと別れることになったそう。

ここに連れてこられた時は、ブンブンにしっぽを振りやってきたらしい。
飼い主さんが帰ったあと、何度も何度も吠え続け・・・。
疲れ果てたあと、こんなふうに逃げるようになった。。。


あたしの中には、飼い主さんのことは、正直責めるとかそんなことは、全くなく
今、絶望の淵に立たされているこの子のことだけでいっぱいになった。。。


センターの獣医さんと一緒に、もう一度会いに行ってみた。

誰も寄せ付けない。
ランの中を逃げ惑う姿だけが目に映った。

一緒にランに入ってみることにした。
噛むかもな。

でも、大丈夫。

あたしを信じて・・・

立っていたあたしは、座り込み、背中を向けたまま、少しずつ近づいていった。
背中の向こうに、視線を感じる。

よし!

地べたに完全に座り込み、そんな地べたが汚いとかの感情はなく
ただただ、あたしは、友達なんだってわかってもらいたいだけ。。。
時に寝そべってみたり、あたしは、友達だよ。怖くないんだよ。って
声をかけながら、ゆっくり近づいていった。。。

距離が30cmになった。ゆっくり手の甲を顔の前に出した。
その時、少し口の周りの筋肉が動いた・・・

咬むのか・・・。

いや。信じてるよ。


恐る恐る手の甲を嗅ぎ始めた。。。


「大丈夫だよ。」

手のひらを見せゆっくり耳の横を触ってみた。。。

体いっぱいに緊張を感じる。


「大丈夫。もう大丈夫だから。。。」

少しずつ触る面が増えていき、その時だった。

あたしの目を初めて見た。
そして、膝に顎を載せ、一気に体の力が抜けていった。


「おばちゃんとこ、一緒に行く?」
見上げた顔が、返事をしたように思えた。


さっきまであんなに逃げ回っていたのにリードを素直につけさせてくれた。
すっとあたしが立ち上がると、伝わったのか、一緒にドアの方へ向かった。

外に出ると、一気に表情が変わった。

車をあけ、バリの扉を開けてみると、すんなり自分から入っていった。


moblog_9177dfc6.jpg


家に着くとさらに表情は和らいだ。


072.jpg


名前は、くるる

幸せは必ず来るから。


しあわせくるる♪


くるる

あたしを信じてくれてありがとう。


一緒に幸せ探そうね!!

075.jpg



くるるのシンデレラストーリー、まだまだ始まったばかりです。
どんな幸せが待っているのか、先が楽しみです。。。



みんな、かわいいくるるを応援してね!!


**くるる情報**

名前:くるる

犬種:ボーダーコリーMIX

性別:女の子

年齢:3歳

ヘルスチェックは、後日。










番付参加中

お前さんいいお人だねぇ~押してくれんのかい?

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


応援してくれてありがと(*´∇`*)




関連記事
スポンサーサイト

| レスキュー犬の巻 | 09:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URI

http://ran13babe31.blog9.fc2.com/tb.php/254-45de3464

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。